エスカーサオーナーズパレス
ホームマンション経営物件情報会社概要お問い合わせリンク
ローン 生命保険 マンション投資

生命保険の見直しができます

マンション経営を始めると、毎月の生命保険料を減らせます。
住宅ローンでマンションを購入すると、団体信用生命保険が付いてきます。団体信用生命保険によって、自分に万一のことがあったときにはローンの完済が行われ、家族に毎月の家賃収入を残すことができます。家賃収入の分だけ、残された家族の生命保険必要保障額を下げられるというわけです。
例えば、今まで月3万円も支払ってきた保険料を月1万円にして、減額できた2万円をマンションのローンにまわすことができます。この機会に、団体信用生命保険をメインにして現在の生命保険を見直してみませんか?
家賃収入 効果



マンション経営の保険的要素

団体信用生命保険の保険料は、毎月のローン返済に組み込まれています。病気やケガによる入院でも補償を受けることができます。
さらに死亡や高度傷害によって、ローンの返済が不可能になった場合は、団体生命保険によってローンが完済されます。マンション経営を生命保険代わりと考えることができる理由がここにあるのです。
住宅ローン